所属紹介

各所属のご紹介です。

救急・放射線室

 当院は二次救急対応救急告示病院となっており、地域の基幹病院として24時間体制で、内科、外科系および神経系の診療を行っています。救急室と放射線室スタッフが協働し、専門的な治療を全スタッフが担当します。そのため、平日日中だけでなく、夜間・休日も脳卒中や急性心筋梗塞など緊急性の高い治療に呼び出し制ではなく、勤務者が担当し迅速に対応しています。また、日本救急看護学会が認定しているトリアージナースを中心に、緊急度判定が適切に実施できるよう研修会の開催や、ICLSやAHABLS、ACLS、ITLSなどのコースに積極的に参加しています。
 放射線室で行っている検査・治療には苦痛や不安・緊張が伴います。内視鏡技師やINE看護師を中心に専門的知識や技術の向上に努め、安全で安心して検査・治療を受けていただけるよう看護を提供しています。
 今年度より放射線治療室と合併しました。専属看護師を1名配置し、放射線治療を受けられる患者さんの副作用症状の予防や緩和、セルフケア支援、安全で安楽な治療環境が提供できるよう取り組んでいます。

1階外来

 1階外来では、16の診療科があり、高度な治療・検査が必要な患者さんが来院されます。医師と看護師、メディカルアシスタント等が協力しながら診療や看護、必要なケアを提供しています。コロナ禍において入院中は面会禁止の状況となるため、療養上必要な情報提供を十分に実施できないケースもあります。
 また外来診療時に患者さん、ご家族が意思決定される場合が増えています。今まで以上に外来、入院病棟、または地域の医療体制といった関連部署との情報共有、連携を積極的に図りながら、継続した看護・切れ目のない看護が提供できるようにスタッフ一同力を入れています。専門的な知識、熟練した技術を持って丁寧で心のこもった看護ができるように努めています。

2階外来

 産婦人科・口腔機能管理センター・皮膚科・形成外科・眼科・泌尿器科・外来化学療法センター・処置室があります。
 私たち看護師は、いつも明るい笑顔で「一人ひとりの患者さんを大切に」をモットーに、受診される患者さんが安心・安全に治療を受けていただけるよう支援し、患者さんにとっても職員にとっても魅力ある外来を目指しています。
 看護外来としてフットケア外来・助産師外来・排尿ケア外来があり、患者さん・ご家族が安心して日常生活を送れるよう、多職種と連携しながらより良い看護ができるよう努めています。


手術・滅菌材料室

 手術室では、13診療科の年間5,000件以上の手術を行っています。その中で『0(ゼロ)の看護=手術・麻酔侵襲以外何もトラブルを起こさない』を目標に、手術チームの一員として医師や多職種と連携を図りながら看護を提供しています。常に患者さん中心の看護であることの自覚を持ち、術前・術中・術後、それぞれに必要な看護が提供できるように、先を読み、根拠に基づいて行動できる手術看護師を目指して、日々、自己研鑽に励んでいます。
 滅菌材料室では、委託業者と連携を図り、患者さんに安全な器材を提供するために、滅菌の質保証に力を入れています。

血液浄化センター

 入院患者さんの血液透析やLDL吸着療法、腹水濾過濃縮再静注法、白血球除去療法、血漿交換療法など多岐にわたる血液浄化療法を行っています。
 4時間前後の治療の間、機器の管理や患者さんの観察を行っています。長時間の治療となるため、患者さんの身体的苦痛や不安などを理解し、安全で安楽に血液浄化療法が受けられるように、医師、臨床工学技士と共にチーム医療を実践しています。

ICU

 全身管理が必要な重篤な患者さんのケアを24時間体制で行っています。
 患者さんの症状や生体情報モニターの数値からアセスメントを行うことで重篤化を回避し、治療効果が最大限発揮できるよう看護を提供しています。また、症状や治療、環境などによる様々な苦痛が緩和するよう介入を行っています。特に、患者さんの痛み・不眠・不安に対しては、患者さんの声や思いに耳を傾け、安心して過ごせる環境作りに取り組んでいます。  

HCU

 HCUは、集中治療室と一般病棟との中間に位置する病棟で、集中治療室での緊急の状態から病態が落ち着いた患者さん、一般の病棟で状態が悪化した患者さん、手術後の管理が必要な患者さんなど、様々な患者さんのケアを行っています。診療科が様々であり、各診療科の専門的な知識や技術を習得する必要があります。そのため、多職種との連携を深め、根拠に基づいた看護が提供できるように取り組んでいます。スタッフ一人一人の力を集結し、看護職としての感性を養いながら、安全と安心の治療や看護ケアを提供し、思いやりのある病棟を目指して頑張っています。

緩和ケア病棟

 がんによる身体や気持ちのつらさが和らぎ、その人らしい生活を送って頂けるように寄り添い、安らぎが得られるケアを目指しています。
 患者さんの大切な時間を一緒に過ごさせて頂けることに感謝し、「ここに入院してよかった」と安心し満足してもらえるケアが提供できるようにスタッフ一同スキルアップを重ねています。
 「大切なあなたが生きることを支えたい」をモットーに緩和ケア病棟にはその頭文字を取った「太陽の庭」「彩りの庭」「サライの庭」があり、季節に彩りを添えています。スタッフ一人ひとりの心にも花を咲かせ、感性豊かな看護ができるように取り組んでいます。

4階西病棟

  小児、泌尿器科、眼科、歯科口腔外科の患者さんが主に入院されています。
 小児は子どもの気持ちを尊重した看護を大切にし、今後の成長発達によい影響を与えることができるような看護を目指しています。
 成人は患者さんを一人の生活者として捉え、いのち・暮らし・尊厳をまもり支え、入院中だけでなく安心してもとの生活に戻って頂けるよう院内外と連携をとり、地域の中で途切れない看護実践に取り組んでいきたいと考えています。
 作家の小笠原まきさんの「キタハリマの森の物語」の世界で落ち着いた気持ちで療養でき、幅広い年齢や発達段階に応じた看護を実践する中で、患者さんの思いを大切に看護ができるよう日々取り組んでいきます。

4階東病棟

 4階東病棟は産婦人科のある周産期病棟で、他に乳腺外科、血液・腫瘍内科、整形外科、泌尿器科、歯科口腔外科、眼科などの患者さんが入院される女性専用の混合病棟です。
 産科では、妊娠、出産という人生の貴重な体験をすばらしいものにするため、女性が本来持っている「生み育てる力」を最大限に引き出せるよう、外来通院の時点から病棟助産師がサポートを行っています。分娩時は安全、安心を心がけきめ細やかな看護を提供し、退院後も必要時には電話訪問や育児指導、地域連携を行っています。
 また分娩だけでなく周術期からリハビリ期、化学療法、ターミナル期など女性の一生を支える病棟であり多様化するニーズに対応できる助産師、看護師育成に取り組んでいます。
 スタッフ一同、「患者中心の看護」を合言葉に倫理観をもって看護を実践できるよう、日々“笑顔と思いやり”を心掛けています。

5階西病棟

 整形外科を中心に、消化器内科・外科の患者さんが入院される混合病棟です。術後早期から、医師、薬剤師、療法士、地域医療連携室と共に一丸となって、患者さんの思いに寄り添い、患者さんの思い描く生活に少しでも近づけるように支援しています。そして不安を抱えながら退院する患者さんや家族に、パンフレットなどを用い退院後の生活に密着した患者指導を心がけ、1人でも多くの患者さんが『大切にされている』と感じていただけるような看護の提供を目標に掲げ、スタッフ一同取り組んでいます。

5階東病棟

 主に手術療法、化学療法、放射線療法を受ける患者さんや、慢性呼吸器疾患の急性憎悪の患者さんが入院されます。これらの治療を安全かつ安心して受けていただけるよう、看護に取り組んでいます。
 身体的側面だけでなく患者さんの思いを聴き、精神的側面でもサポートし、安心して入院生活を過ごせたと感じていただけるよう、看護師一人ひとりが患者さんの思いに寄り添った看護実践を目指しています。退院後の生活を見据え、低下した機能の回復や維持増進に向け看護しています。また苦痛の軽減や、治療および闘病の過程で、身体機能の低下がある患者さんも安楽に過ごせるように、受け持ち看護師を中心に多職種と連携し、日々看護実践に取り組んでいます。

6階西病棟

 6階西病棟は、糖尿病・内分泌内科、腎臓内科、リウマチ・膠原病内科、血液・腫瘍内科の患者さんが入院されます。
 血液・腫瘍内科については病態や治療上、入院期間が長期になる、入退院を繰り返す場合が多く、抗癌剤の安全な投薬管理や症状マネジメント、治療による免疫力の低下や感染防止など専門性のある幅広い看護を提供しています。
 また、生活習慣に於いて自己管理を必要とする糖尿病や腎臓病、関節リウマチなどの慢性疾患患者さんの学習入院場面では、個々に応じた指導が行えるように、治療の方向性や指導内容を多職種で連携をとりながら、退院後の生活に繋げる努力をしています。
 専門性を活かすために各診療科別担当チームがあり、当病棟の看護の質向上を維持発展させるために取り組んでいます。
 急性期からターミナル期までの幅広い看護展開を実践する中で「患者さんの思いを大切にできる看護師」を全員で目指していきます。

6階東病棟

 6階東病棟は、循環器内科、心臓血管外科を中心とした病棟です。心筋梗塞、狭心症などの虚血性心疾患、不整脈、大動脈瘤、下肢閉塞性動脈硬化症などの血管疾患患者さんが多く入院されています。看護師は、検査や術前術後の看護に加え、患者さんの苦痛の緩和に向け援助しています。また、慢性心不全認定看護師を中心に心不全の悪化を予防し、患者さんが退院された後もご自分で体調をコントロールできるようご家族も含めた指導を行っています。お一人お一人に合わせたより良い看護が提供できるよう日々精進しています。

SCU(脳卒中ケアユニット)

 SCU(Stroke Care Unit)は脳卒中の急性期患者さんに最適な治療・看護・リハビリテーションを提供することを目的とした「脳卒中専門の集中治療室」です。発症直後より異常の早期発見を行いながら、患者さんの症状に合わせた日常生活獲得のためのリハビリテーションなどを行い、早期に社会復帰できるように多職種と連携を取っています。専門的な治療検査を理解し対応できるよう日々研鑽し、患者さんの思いを大切に最良の状態で社会復帰できるように取り組んでいます。

7階西病棟

 7階西病棟では、主に脳血管障害による意識障害や運動障害、失語があり、継続した支援が必要となる患者さんが入院され、脳卒中連携パスを活用し近隣の病院と連携を取っています。多職種と協働し患者さんやご家族が手術療法、放射線療法、化学療法などの治療やリハビリテーションに向き合あえるように、患者さんやご家族の思いを尊重した看護を提供しています。また、患者さんやご家族が「今後の生活をどのように過ごしたいのか」という思いを尊重し、症状に応じた日常生活の獲得に向けて支援しています。
 スタッフ一同、自己研鑽を忘れず、患者さんやご家族に笑顔で関わるように取り組んでいます。

7階東病棟

 7階東病棟は、消化器外科・消化器内科の病棟になります。主に、内視鏡の検査や治療、手術、化学療法、放射線治療など様々な治療が行われています。
 ストーマのパウチ交換など、患者さんの状況に合わせた指導を行い、多職種と協同しながら、患者さん・ご家族の思いに寄り添う看護を提供しています。
 また、入院中、安心して治療を受けていただけるように看護の専門職として責任を持ち、根拠ある看護実践ができるように取り組んでいます。

看護キャリア開発支援室

 教育専従の看護師と専門看護師・認定看護師、事務職員の合計6名で院内教育と看護実践の質向上に向けて力を合わせています。教育では、看護職員の教育や看護学実習のサポートを行っています。考えて実践できる看護師を育成するために研修の企画や運営だけでなく、臨床現場でスタッフと一緒にケアを行い、共に患者さんにとって必要なケアは何かを考えています。また、看護職員のキャリアアップに向けた学習の支援や、看護研究支援も行っています。スタッフが相談しやすい環境、学び合う環境を整え、スタッフ1人ひとりの専門職としての成長を支援します。