看護部紹介

看護部長のあいさつ

患者さんに寄り添う優しい心

患者さんに寄り添う優しい心

「信頼と感動の看護」をめざして!

副院長 兼 看護部長
西岡 三津代

 開院して5度目の春を迎え、30年度が始まりました。たくさんの患者さんや地域の皆さまからご支援をいただき、感謝申し上げます。
 看護部は「信頼と感動の看護」をめざし、患者さんの思いに寄り添う心を大切に、親切で丁寧なケアと対応を心がけて実践しています。年々、一人ひとりの看護師がかけがえのない経験から多くの学びと感動を積み重ね、振り返り、より良い看護の実践者へと成長していると実感しております。
 今年度も多くの新しい職員を迎え、院内は新しい風と若い力で活気に満ちています。職員が‘看護の喜び’や‘やりがい’を感じ、人として成長していける環境を整え、医療を取り巻く環境の変化にも対応できる看護の力をつけていきたいと思っております。
 これからも、患者さんやご家族、地域住民の皆さまの期待に添えるよう、職員一同、心を一つにして努力して参りますので、皆さまのご支援、ご指導をよろしくお願いいたします。