看護部紹介

看護部長のあいさつ

「先を見越した看護を実践する」


「先を見越した看護を実践する」

 今、世界で新型コロナウイルスが猛威を奮い、かつてない経験を否応なく体験せざるを得ない状況にある中、日本の医療も崩壊の危機だと言われています。このような中で、当院は病院をあげて感染対策に取り組み、かつ、北播磨圏域の急性期医療を担うべく地域の皆様に求められる安心・安全な医療を万全な態勢で提供できるよう、精一杯取り組んでおります。
 今後の私たちの日常生活は、これまでと違った価値観を持つことが求められたり、ガラリと変化したりすることが予測されますが、看護師は刻一刻と変化する状況におきましても、常に皆様に寄り添い、柔軟な対応で親切丁寧に、かつ、先を見越した看護を実践いたします。
 そのために私たちは知識・技術、倫理観、そして患者さんにとって本当に必要な医療・看護は何かを常に考えられる看護師の育成に取り組んでいます。専従の教育担当者を配置し、熱意をもって指導をしています。
専門職者として、日々研鑽し、経験を積み重ね、地域の皆様に私たち看護師の力を信じ、不安な気持ちを軽減してもらえるような看護の提供を看護職一同、心を一つにして努力して参りますので、皆様のご支援、ご指導をよろしくお願い申し上げます。

副院長 兼 看護部長
関口 靖枝