教育体制

新人教育について

看護師としての基礎と自信を備え確実に成長します。

自らの成長を実感できる

年間を通じての教育制度。看護師としての基礎と自信を備え確実に成長します。

4月 5月 6月
  • 入職時オリエンテーション(6日間)
  • AED講習
  • 心電図の基礎知識
  • ストレスサポート1
  • 食事の援助
  • 口腔ケア
  • 排泄の援助
  • ストレスサポート2
  • がん患者の理解と看護
  • 医療安全のための基礎
  • ストレスサポート3
8月(2回開催) 10月 12月
  • 老年看護
  • タイムマネジメント
  • 周手術期看護
  • 慢性心不全看護
  • ストレスサポート4
  • 人工呼吸器の管理と看護の実際
  • ストレスサポート5
  • 患者の異常の早期発見のためのフィジカルアセスメント
  • ストレスサポート6
2月
  • 1年目のリフレクション
  • ストレスサポート7

安心の研修計画とサポート

新人看護師は、組織で働く社会人としての責任と専門職者としての責任を同時に引き受けるように求められます。それまでの学生生活とのギャップは大きく、そのギャップを上手く乗り越えられるように、年間を通じて研修が計画されています。

入職時には10日間のオリエンテーションと基礎技術演習があり、院内で統一された手順に従い、臨床での仕事に備えます。技術指導については、「ナーシング・スキル」(エルゼビア・ジャパン)を採用し、インターネットで中央管理された看護手順書に基づき行っています。臨床での実践も手順が基本であることが定着してきています。手順は常に現場の声で更新、修正されています。

所属での指導は、プリセプター制(指導者としての経験のある先輩)およびエルダー制(初めて直接指導を担当する先輩)が継続した指導を行います。そして、月に1回の頻度で集合研修があり、その時期に応じて必要となる知識や技術演習があります。集合研修は、同期とも交流ができ、楽しい時間でもあります。

看護部教育方針にも示しているように、看護師として自律し、専門職としての姿勢を身につけてもらいたいと考えており、新人看護師の1年間は心身共にストレスがかかることも事実です。そのストレス要因となるもの(日常の業務やそれに伴うリスクなど)を我々が引き受けてしまうのではなく、それらを克服するプロセスを支援したいという考えの基で教育環境を整備しています。集合研修では、毎回「ストレス・サポート」演習があり、新人から大変好評です。

この5年間は新人看護師の離職は0%という実績を、素晴らしい指導者達と共に築いてきました。あなたの「やる気」さえあれば、何も心配はありません。看護部職員一同でお待ちしています。

プリセプター制度

先輩看護師とペアで日常業務を実践。安心して看護の仕事をスタートできます。

新人教育の一環として「プリセプター制度」を実施しています。新人看護師と先輩看護師がペアになって、日々の業務にあたりながら指導します。知識や技術の応用に加えて、院内スタッフとの連携、業務の流れなどを自然に身につけていきます。新人看護師は無理なく日常業務を学ぶ効果的な研修として、また、先輩看護師には後輩を指導することで自身の仕事を振り返る機会として、それぞれがプロとしてスキルアップできるよう配慮されています。