教育体制

 新人教育について

 看護師としての基礎と自信を備え確実に成長します。

自らの成長を実感できる

新人教育について

安心の研修計画とサポート

新人看護師は、組織で働く社会人としての責任と専門職者としての責任を同時に引き受けるように求められます。それまでの学生生活とのギャップは大きく、そのギャップを上手く乗り越えられるように、年間を通じて研修が計画されています。

入職時にはオリエンテーションと基礎技術演習があり、院内で統一された手順に従い、臨床での仕事に備えます。技術については、「ナーシング・スキル」(エルゼビア・ジャパン)を採用しています。

所属では、プリセプター制で継続した支援を行います。そして、月に1回の頻度で集合研修があり、その時期に応じて必要となる知識や技術演習を行います。集合研修は、同期とも交流ができ、楽しい時間でもあります。

看護部教育方針にも示しているように、看護師として自律し、専門職としての姿勢を身につけてもらいたいと考えており、新人看護師の1年間は心身共にストレスがかかることも事実です。そのストレス要因となるもの(日常の業務やそれに伴うリスクなど)をセルフコントロールし、それらを克服するプロセスを支援したいという考えの基で教育環境を整備しています。

看護部職員一同でお待ちしています。

プリセプター制度

先輩看護師とペアで仕事に慣れていきます。安心して看護の仕事をスタートできます。

新人教育の一環として「プリセプター制度」を取り入れています。新人看護師と先輩看護師がペアになって、日々の仕事を行います。知識や技術の応用に加えて、院内スタッフとの連携、業務の流れなどを自然に身につけていきます。先輩看護師にとっても、後輩を支援することで自身の仕事を振り返る機会として、それぞれがプロとしてスキルアップできるよう配慮されています。