教育体制

2年目以降の教育について

自律した看護職員となり、組織及び看護チームの一員として自分の役割と責任を果たすことができる人材を育成する。

確かな知識と技術を身につける

2年目以降の教育

教育方針

教育は「共育」である。教える人も教えられる人も共に育つ場にする。
看護職員の学ぶ意欲を尊重し、キャリア開発に向けての支援を行う。

教育目標

自律した看護職員となり、組織及び看護チームの一員として自分の役割と責任を果たすことができる人材を育成する。
専門職として臨床実践能力を身につけ、質の高い看護が実践できるスタッフを養成する。

教育計画

2年目、3年目の教育は、年間各3回集合で開催されます。内容は教育委員会で検討をし、その都度必要な講義や技術演習が計画されます。
4年目以降はラダーⅢへと移行します。ラダーⅢ以上の職員は、自律した専門職者として自己研鑽し、必要な知識や技術を向上できるよう、自ら学習できることが基本です。院内では、様々な研修会が開催され、学ぶ機会は多数あります。

専門コースでは、院内の認定看護師や院外からの講師を迎え、専門性高く、学びを深められるような研修会が企画されます。また、ICLSコース(日本救急医学学会)やファーストエイドコース(日本救急看護学会)なども開催しています。

過去に開催された「専門コース」

「がん看護」「がん化学療法看護」「放射線看護」「家族看護」「集中ケア(基礎編・応用編)」「アサーティブネス・コミュニケーション」「コーチング」「摂食嚥下障害への看護」「手術看護」「慢性心不全看護」「放射線看護」「創傷ケア」

研修会への参加が強制とならないように、また勤務などで参加を逃す職員のために、e-learningシステムを導入し、院外からでもインターネットを通じて学べる環境を作っています。重要な研修はe-learningシステム内に保管されますので、いつでも、どこからでも、学ぶことができます。

「e-learning」内の教材内容一例

「e-learning」内の教材内容一例「ベットサイドの看護倫理」「看護必要度研修」「褥瘡発生時の初期対応」「家族看護」「タイムマネジメント」「災害は忘れた頃にやってくる」「エンゼルケア」「ケーススタディのまとめ方」「看護過程①~⑨」「看護実践者のためのアサーティブネス」「目標管理」「看護記録」など

クリニカルラダー

看護の基礎からスペシャリスト育成まで、確実に成長するシステムがあります。クリニカルラダーを基本に据え、確かな知識と技術を身につける仕組みを備えています。