外来受付時間
初診受付
8:30~11:30 (月~金)
再診受付
8:00~11:30 (月~金)
休診日
土・日・祝日・年末年始
※午後は予約のみの診療となります。
兵庫県三木市 兵庫県小野市

入退院のご案内

入退院のご案内




入院の手続き

  1. 入院の予約をされている方には、入院日の前日(前日が土・日・祝日の場合はその前日)にお電話でお知らせします。
  2. 入院当日は、指定された時間までに、1階2番の入院受付へお越しください。入院手続き後に、入院病棟のご案内をします。
  3. 入院受付
  4. 入院手続きには、以下の書類等が必要です。
    • 診察券
    • 健康保険証・その他の医療証(後期高齢・乳児・身障・難病等)(お持ちの方のみ)
    • 限度額適用認定証(お持ちの方のみ)
    • 公費受給者証等(お持ちの方のみ)
    • 入院誓約書
    • 退院証明書(他院から転院の場合)
    • 個室使用料負担承諾書(個室希望の方のみ)
    • 患者情報用紙・アレルギー問診票
    • 臨床研究および学術研究機関等へのデータ登録等に対する個人情報の取扱いに関する同意書

  • 毎月1回保険証の確認をさせていただきます。また、保険証の変更・医療証の切替えがありましたら、速やかに1階2番の入院受付窓口にご提示ください。
  • 入院の取消し又は延期を希望される方は、必ず1階2番の入院受付窓口までご連絡ください。
  • 食物・薬物等アレルギーがある場合は、入院前日までにお申し出ください。


入院時にご準備いただきたいもの

  1. ねまき(パジャマ)・下着、バスタオル、タオル、履き慣れた靴(スリッパではなく、運動靴など、かかとのあるもの・ゴム底で滑りにくいもの)
  2. 洗面用具(洗面器、歯ブラシ、石鹸、シャンプー、髭剃り、義歯ケースなど)
  3. はし、スプーン、コップ、水筒
  4. ティッシュペーパー、ビニール袋などの日用品
  5. 服用中及び使用中の薬とその説明書(おくすり手帳、薬剤情報提供書)
  6. 印鑑、筆記用具(ボールペン)、入院手続きに必要な書類
  7. 日頃から紙おむつをご使用になられている方はご準備ください。

  • 手術、検査など入院目的により準備するものが多少異なりますので、別途ご説明します。
  • 入院用品は、ショップでもお買い求めいただけます。
  • ねまき(パジャマ)のレンタルは行っておりませんので、複数枚ご準備ください。
  • お持ちいただいた物には、氏名をご記入ください。


現在服用中のお薬について

  • 現在、お薬を服用中の方は、入院時にそのお薬(当院及び他の病院で処方されたもの)すべてをお持ちください。
  • 入院中に他院でお薬の処方を受けたり、受診したりすることは原則できません。入院中に他院でのお薬や受診の必要が生じた場合は、主治医又は看護師に必ずご相談ください。
※ 入院中は、当院から処方されたお薬以外の服用は、主治医の許可を受けてください。




入院生活について

医師・看護師

入院中にお守りいただく事項

  • 医師・看護師等病院職員の指示を守り、治療に専念してください。
  • 院内及び病院敷地内は、全面禁煙となっておりますので、ご協力をお願いします。
  • 入院中に医師・看護師等、病院職員の指示をお守りいただけない場合、病室や廊下での大声や他の患者さんのご迷惑になる行為・飲酒・暴言・暴力・セクハラ行為などがあった場合は、退院していただくなど厳正に対処させていただきます。(状況によっては、警察にも通報します。)
  • 治療上、また急性期病院としての病床の運用上、病室やベッドの位置を変わっていただくことがありますので、病院の指示に従ってください。
  • はさみ・ナイフ等の刃物類及びライター・マッチ等の点火器は、持ち込まないでください。必要がある場合は、病院職員にお申し出ください。
  • 設備以外の電気製品の使用(例:パソコン・携帯電話充電器等)を希望される場合は、許可が必要ですので、病院職員にお申し出ください。(※wifiネットワークは使用出来ません。)
  • 病院の駐車場は、外来者用の駐車場となっております。入院中の方の駐車は、ご遠慮ください。
  • 医師からの説明等をICレコーダー等で録音される場合には、事前にお申し出ください。
  • 病院内及び敷地内でのカメラ撮影及び写真のSNS投稿は、患者さんのプライバシー保護のため、禁止させていただきます。
  • マニキュア・付け爪・化粧等は、検査や治療・処置に支障が生じますので、入院中は控えてください。また、アートメイクを施術されている方は、事前にお申し出ください。
  • 当院では、患者さんの安全確保及び急変時の迅速対応を目的として、館内一斉緊急放送を夜間でも行っております。また、モニター心電図や呼吸器のアラーム音に関しましても、病棟内のすみずみまで聞こえるように音量設定していますので、ご了承ください。
  • 金品等の職員へのお心づかいは、固くお断りしております。
  • 病院建物の破損又は病院所有物への落書き等を行った場合、修繕費用を弁償いただく場合があります。


食事について

  • 食事の時間は下記のとおりです。

    食事時間食事キャンセル受付時間
    朝食7:30ごろ前日の18:00まで
    昼食12:00ごろ当日の10:30まで
    夕食18:00ごろ当日の16:30まで
  • 食事 お茶は、各病棟のデイルームに給茶機を設置していますのでご使用ください。デイルームまで移動できない方には、食事の前にお配りします。
  • 当院では、水筒代わりのペットボトルの再使用を禁止させていただいております。これは、安全(耐熱性がないため熱いお茶を注ぐと変形・破裂の可能性あり)と感染予防のためです。
  • 当院の食事は、治療の一環として医師の指示に基づき提供しています。
  • 治療や検査などによっては、食事制限を行うことがあります。
  • 食物アレルギー・禁忌のある方は、看護師までお申し出ください。
  • 持ち込み食は、主治医の許可が必要です。看護師にご相談ください。特に生ものに関しては、食中毒の原因となりますのでご遠慮ください。


シャワー

シャワーの使用について

平日 9:00~19:00まで
土・日・祝日 9:00~17:00まで
  • シャワーの使用は、主治医の許可が必要です。
  • シャワー中に気分が悪くなった場合は、呼び出しボタンを引いてお知らせください。
  • 安全のため、職員がシャワー室内の確認をしますので、ご了承ください。
  • シャワー、手洗い時には、ご持参のタオルを使用してください。


テレビ、冷蔵庫の使用について

テレビカード
  • 床頭台に設置しているテレビ及び冷蔵庫を使用される場合は、テレビカードが必要です。(返金が出来ませんので、ボタンを押す回数にご注意ください。)
  • テレビカードの自動販売機とカード精算機は、各病棟デイルームに設置しています。1枚1,000円で16時間40分使用できます。不要になった場合は、カード精算機で精算できます。
  • テレビ・ブルーレイを使用される方は、他の患者さんのご迷惑にならないよう、イヤホンをご使用ください。(イヤホンは無料で準備いたします)
  • 消灯は、22:00です。消灯後のテレビのご使用は、同室患者さんの睡眠の妨げになるため、ご注意ください。
  • 冷蔵庫は、1回150円で24時間使用できます。
  • テレビ、冷蔵庫の持込みはご遠慮ください。


公衆電話と携帯電話の使用について

  • 公衆電話は、各病棟デイルームに設置しています。起床前や消灯後のご使用は、他の患者さんの迷惑になりますのでご遠慮ください。
  • 病院内での携帯電話の使用については、医療機器等に支障をきたしますので、病室内での使用はお控えください。
  • 携帯電話使用におけるトラブルが増えています。マナーモードに設定いただき、最小限の使用にとどめていただくようお願いします。(個室と各病棟デイルームでは、ご使用いただけます。)


貴重品について

  • 盗難防止のため、貴重品や多額の現金は持ち込まないでください。なお、現金や貴重品は、お預かりできません。
  • 現金や貴重品は、床頭台のセーフティボックスに入れて保管してください。使用方法については、セーフティボックス上に記載していますのでご覧ください。
  • 貴重品及び現金は、万一紛失・盗難などにあいましても、病院では一切責任を負いかねますので十分ご注意ください。


洗濯について

  • 2階エレベーターホール前にコインランドリーがあります。(使用時間/6:00〜22:00)
  • ご使用の際は、現金もしくはテレビカードが必要です。
  • 洗濯料金は1サイクル200円、乾燥料金は30分100円です。


病室について

  • 病室は4人部屋・普通個室・特別個室があります。病状により病床(入院階・病室)を移動していただく場合がありますので、ご了承ください。
  • 普通個室・特別個室の設備・料金につきましては、下記のとおりです。


普通個室特別個室緩和ケア病棟
(特別個室)
PHOTO一般個室特別個室緩和ケア病棟(特別個室)
差額室料
(税抜)
7,000円
(8,750円)
12,000円
(15,000円)
7,000円
面積18.01~
12.44m2
18.23~
16.32m2
18.66 or
17.81m2
アメニティー
エアコン
洗面所
テレビ
冷蔵庫
トイレ
収納棚
テーブル-
椅子
応接セット-
シャワー-
ミニキッチン--
※カッコ内の料金は、三木市又は小野市以外にお住まいの方の料金となります。
※普通個室ではテレビ、冷蔵庫の使用時にはテレビカードが必要になります。

リストバンドの装着について

  • 入院中の「患者さん間違い・取り違え」を防止し、安全な医療を提供するため、入院患者さん全員にリストバンドの装着にご協力いただいております。
  • リストバンドには、患者さんのお名前、ID番号、生年月日及び性別を記載しています。
  • 入院中の手術・検査・処置・採血・注射・輸血・配薬などにおいて、医師・看護師・薬剤師・検査技師等の医療従事者が、リストバンドにより患者さんを確認いたします。夜間、就寝中であっても必要時にはリストバンドを確認させていただくことがありますので、ご了承ください。

リストバンド装着の注意点
    ※はじめに、リストバンドに記載されているお名前に間違いがないかをご確認ください。
    ※入院期間中は、常に装着してください。手洗いや入浴時も装着したままでお願いします。
    ※水や洗剤で文字が消えることはありませんが、水分は拭き取ってください。
    ※手術や検査により、外すことがありますが、後で再装着していただきます。
    ※外出・外泊等で一時的に外すことを希望される場合は、病棟看護師にお申し出ください。
    ※リストバンドがきつい場合や、肌にトラブルが起きた場合は、速やかに病棟看護師にお申し出ください。


外出・外泊について

  • 入院中の外出・外泊は、主治医の許可が必要です。事前にお申し出ください。許可なく外出・外泊され、病状が悪化した場合、病院が責任を負えないことがあります。
  • 外出又は外泊の許可を受けた方は、「外出・外泊許可願」を提出していただきます。
  • お出かけのとき、お戻りのときは、看護師にお知らせください。
  • 食事のキャンセルについては、「食事について」の項目をご参照ください。


付き添いについて

  • 病状によりご家族が付き添われる場合は、主治医又は看護師にご相談ください。
  • 患者さんの安全管理上やむを得ない場合に、ご家族の方に付き添いなどのご協力をお願いする場合がありますので、ご了承ください。


転倒・転落予防について

入院中は環境が変わることや治療・検査・手術の影響で思わぬ体力・下肢筋力の低下を招き、転倒・転落を起こす可能性が高くなります。当院は患者さんやご家族のご協力をいただき、転倒を起こさない環境を作るように努めております。転倒・転落事故を防ぐため、患者さんには次のことにご注意をしていただくよう、お願いいたします。 転倒

転倒を起こしやすい場所

段差やつなぎ目/トイレ・洗面台周辺


こんな時に転びやすくなります!!

熱がある時や熱が下がった後 点滴やチューブがたくさん入って動きにくいとき 血圧を下げる薬や、睡眠薬又は痛み止めを使用しているとき 手術や検査で動けない時間を過ごした後
熱
足元がふらつきます
点滴
足元への注意力が低下します
服薬
副作用でふらつくことがあります
動けない時間
筋力が弱ることがあります

転倒・転落を防ぐための注意ポイント

  •  
    1. スリッパやサンダルは、脱げやすく、つまづきやすいので、かかとのある履き慣れたものや滑りにくいものをご使用ください。(幅広のサンダル・クロックスはお控えください。)
    2. 立ち上がったり、移動する場合は、しっかり固定されたものを支えにしてください。
    3. ベッド柵や手すりなど、固定されている安定性のあるものにつかまるようにしてください。 不安定なもの、椅子、オーバーテーブル(ストッパーが止まっていないことがあるため)、床頭台、点滴台などは支えにしないでください。
    4. 夜間は枕灯をつけて、安全を確認してから行動してください。(特に、中途覚醒時には、しばらく座位になり、ふらつきがないことを確認してから動いてください。)
    5. 車椅子から移動する場合は、必ずブレーキがかかっていることを確認してください。
    6. トイレに行くときや移動をされるときは、看護師がお手伝いしますので、遠慮なくナースコールでお呼びください。
    7. ベッドから身を乗り出して物を取ったり、置いたりしないようにしてください。
    8. ベッドの上に立たないようにしてください。

転倒・転落を防ぐには、患者さん、ご家族、病院スタッフの連携が重要です。
入院時には、ご自宅での生活状況、歩行状況、転倒・転落の有無についてお伺いいたします。
ご心配なことがありましたら、ご遠慮なく担当医や看護師にご相談ください。


義歯

義歯・差し歯の管理ついて

入院中の、義歯・差し歯の管理に関しては、原則として、患者さんご本人、もしくはご家族で行っていただくようお願いします。

  • 入院中は、症状により、患者さんご本人で義歯洗浄等が行えない場合に限り、看護職員がケアを代行させていただきます。
  • ティッシュ等に包むと、誤って捨ててしまう可能性があるため入院時には専用の蓋付き保管容器をご準備ください。
  • 紛失予防のため、義歯は自室で取り外しておいてください。
  • 検査や治療・処置により、差し歯やぐらついている歯が抜け落ちることがあります。差し歯やぐらついている歯がある場合には、必ず事前に職員にお申し出ください。ぐらつきがある場合は、可能な限り、事前に歯科治療を受けておいてください。

義歯・差し歯は慎重に取り扱わせていただきますが、万一、紛失・破損した場合、当院は責任を負いかねますのでご了承ください。



感染対策へのご協力のお願い

細菌やウイルスなどは、患者さんや病院職員の手指、器材を介して他の患者さんに拡がることがあります。入院中の患者さんは、治療のために行われる処置や投薬によって抵抗力が下がることがあるため、菌やウイルスが原因で病気(感染症)を発症しやすくなります。

菌やウイルスの拡がりを防ぐことによって、感染症を発症される患者さんが減るように対策をとっていますが、有効な対策のためには患者さんのご協力が欠かせません。また、早期発見に努める上で、これらの菌に感染されていないかの検査が必要な場合がありますので、ご協力ください。具体的なお願いは次のとおりです。

医師 次の場合などに、便やのど、鼻などの検体を採取させていただくことがありますのでご了承ください。
  • 他の病院や施設からの転入時
  • 抗生物質を長期に使用している場合
  • 尿路カテーテルやオムツを長期に使用している場合
  • ICU・HCUへの入室時
  • 強力な抗がん剤治療を受ける場合
  • 病棟で感染拡大の可能性が出てきた場合

  • 感染症が発生した場合、病室を移動していただくことがありますのでご了承ください。
  • 職員が手袋やガウン(またはエプロン)、マスクなどを着用して処置やケアをさせていただくことがあります。
  • 面会の制限をさせていただくことがあります。
  • ベッドを離れる前後や食事・洗面の前後には、こまめに手を洗ってください。
  • 咳やくしゃみ・鼻水のある場合は、マスクの着用をお願いします。
  • 15歳以下のお子様連れの面会は、極力お控えください。
  • 診察や処置時の病院職員の手洗い・手指衛生についてお気づきの点があれば、担当医又は担当看護師までご指摘ください。

いずれも入院中に、安全に検査や治療を受けていただくためのものですので、皆様のご協力をよろしくお願いします。


非常災害時の対応について

  • 各病棟に避難経路図を表示していますので、入院時にご確認ください。
  • 万一、地震火災等が発生した場合は、医師・看護師など病院職員の指示に従い、落ち着いて行動してください。
  • 避難する場合は、エレベーターを使わず、非常階段を使用してください。
  • 動けない状態の患者さんは、医師・看護師及び職員が搬送します。


退院について

  • 退院は、主治医が決定します。退院日時については、病棟看護課長とご相談ください。
  • 退院は、午前退院を原則とさせていただいていますので、ご協力をお願いします。
  • 退院の会計後、領収書を病棟にご提示ください。その際に担当者から、次回外来受診日等の説明をさせていただきます。




入院費用について

入院費用は、入院診療費と食事にかかる費用の自己負担額に、個室料などの当院で定めた料金に基づいて算定した額を合算した金額になります。

入院診療費の算定方法

  • 入院診療費は、健康保険法で定める点数(入院料・投薬料・注射料・検査料など)やその他の法令の規定に基づいて算定しております。
  • 食事費用として1食当たり360円をご負担いただきます。
  • 当院はDPC対象病院となっておりますので、診断群分類別包括評価方式での計算となります。
    (患者さんの入院の目的となる病名や状態、診療内容によって1日当たりの入院料が決まります。)
  • 入院料の計算は、健康保険法などの定めにより、泊数ではなく1日単位で計算されます。

個室使用料金について

普通個室・特別個室についてはこちらをご参照ください。

個室使用料金(税抜) 区分 特別個室 普通個室
一般病棟 三木市又は小野市にお住まいの方 12,000円 7,000円
上記以外の方 15,000円 8,750円
緩和ケア病棟   7,000円 室料差額なし

有料個室は、入院費用の他に別途料金が必要です。特別室、個室利用を希望される方は、 “個室使用料負担承諾書”を病棟スタッフステーションへ提出していただきます。



DPC(包括評価方式)について

  • 入院される患者さんの病名をもとに、手術・処置等の内容に応じて定められた診療群分類ごとの1日当たりの点数を基本として、医療費を計算する方式のことです。
  • この1日当たりの定額の医療費は、全国のDPC対象病院などにおける実際の診療データに基づいて、診療群分類ごとに標準的に必要とされる検査や注射、投薬などの費用を含んだ1日当たりの入院医療費の算出を行い、決定されたものです。

女医 入院中は、歯科を除く他科を原則受診できません。 入院中に他の医療機関での受診や投薬を希望される方は、必ずあらかじめ 主治医又は担当看護師にご相談ください。
入院中の他の医療機関への受診について
  • 入院中の他の医療機関への受診は、緊急を要しない場合は退院後にお願いすることがあります。
  • 主治医等へのご相談なく、外出や外泊のときに他の医療機関を受診されたり、ご家族の方による投薬等のための受診はお控えください。
かかりつけ医などで現在服用中のお薬がある場合
  • 入院する前から服用中のお薬がございましたら、必ずすべてお持ちください。
  • 当院ではお薬の重複を防ぐため、入院時に持参薬の確認を行っています。


出来高方式とDPC方式の違い

  • 従来の医療費の計算方式である『出来高払い方式』では、診療で行った検査・注射・投薬などの診療行為を合計して医療費が計算されていましたが、『DPC方式』での医療費の計算方式では、1日当たりの点数が決められており、検査・注射・投薬などの診療行為は、その決められた点数に包括されています。
  • なお、手術や処置・検査の一部、リハビリなどについては、これまでどおりの出来高払い方式で医療費が計算されます。そのため入院にかかる医療費は、定額分と出来高分とをあわせたものとなります。
  • 医療費の請求は、月1回の請求になります。

※DPCによる支払い方式は、入院された患者さんに適用されることになります。 なお、自動車損害賠償責任保険(自賠責)、労働災害保険(労災)、診断群分類に該当 しない入院患者さんや外来患者さんの医療費の算定方法は、出来高払い方式です。

DPC


入院費用の請求・お支払について

入院中

  • 入院費は、毎月1回(月末)に締め切らせていただきます。
  • 翌月の10日過ぎに担当者が請求書を各部屋へお届けいたします。
  • 請求書をお受け取り後、7日以内に1階の5番の支払窓口又は6番の自動精算機でお支払ください。

退院時

  • 退院が決まりましたら、退院当日に担当者が請求書をお届けします。
  • 請求書が届きましたら、1階の5番の支払窓口又は6番の自動精算機でお支払いください。(土・日・祝日に退院の場合は、前日にお届けいたします。)
  • 土・日・祝日に退院の場合、救急受付でお支払いが可能です。


高額療養費制度について

「認定証」などを提示すれば、窓口での支払いが一定の金額にとどめられます。
※入院時の食事費用や差額ベッド代等は、別途ご負担いただきます。
※負担の上限額は、年齢や所得によって異なります。
高額療養費制度

負担の上限額は、年齢や所得によって異なります。  (下表は例 : 70歳未満の場合)
所得区分 12ヶ月間に3回まで 4回目以降
区分ア
(標準報酬月額83万円以上の方)
252,600円 + (総医療費 - 842,000円) × 1% 140,100円
区分イ
(標準報酬月額53万円以上83万円未満の方)
167,400円 + (総医療費 - 558,000円) × 1% 93,000円
区分ウ
(標準報酬月額28万円以上53万円未満の方)
80,100円 + (総医療費 - 267,000円) × 1% 44,400円
区分エ
(標準報酬月額28万円未満の方)
57,600円 44,400円
区分オ (低所得者)
(被保険者が市区町村民税の非課税者等)
35,400円 24,600円
負担の上限額・事前の申請などは保険によって異なりますので、詳細については、加入されている健康保険組合、全国健康保険協会、市町村(国民健康保険・後期高齢者医療制度)、国保組合、共済組合までお問い合わせください。




その他の案内

診断書・証明書について

  • 診断書・証明書その他文書類の請求は、1階総合案内窓口(平日 8:30~17:00)へお申込みください。
  • お申込みの際に、診察券が必要となります。
  • 診断書等の作成には、2週間ほどお時間をいただきますので、あらかじめご了承ください。
  • 診断書等のお申込みの際は、申込書を記入していただき、控えをお渡しします。
  • 受取りに来られるときには、控えをお持ちください。
  • 本人以外で診断書・証明書を受領される場合は、「書類授受に関する委任状」とご本人確認ができるもの(運転免許証、保険証、パスポート等)をお持ちください。


医療相談について

地域医療連携室は、主に入院患者さんのサポート・退院に向けてのサポート等の役割を担っており、介護サービスや介護保険・退院後の生活・転院先などの相談に応じています。ご相談を希望される方は、医師又は看護師にお申し出ください。 入院受付


北播磨総合医療センター アクセス お問い合わせ 0794-88-8800 〒675-1392
兵庫県小野市市場町926-250
ページトップへ