外来受付時間
詳しくは、外来診療日程表及び
休診・代診のご案内をご覧ください。
初診受付
8:30~11:30 (月~金)
再診受付
8:00~11:30 (月~金)
休診日
土・日・祝日・年末年始
※午後は予約のみの診療となります。
病院機能評価
認定取得
緩和ケア病棟における質向上の取り組みに関する認証制度 県指定がん診療
連携拠点病院
兵庫県三木市 兵庫県小野市

心臓血管外科 Cardiovascular Surgery

 当科は北播磨地域の基幹病院としての役割を担うべく、成人循環器疾患の全分野を対象に診療を行っています。治療分野は、虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞など)や弁膜症疾患(大動脈弁、僧帽弁、三尖弁など)、大動脈疾患(胸部や腹部の大動脈瘤、急性大動脈解離など)、末梢動脈疾患(急性動脈閉塞や慢性の動脈閉塞、重症虚血肢など)、静脈疾患(下肢静脈瘤や深部静脈血栓症、肺塞栓症など)など循環器疾患に関わるほぼすべての領域の手術を行っています。心臓大血管手術件数は2015年度が119件、2016年度が102件で、腹部や末梢の血管手術件数は2015年度が157件、2016年度が190件でした。

 冠動脈バイパス術では、心拍動下手術を積極的に行い、2016年度では単独冠動脈バイパス手術の90%で人工心肺を使用することなく施行できています。また、長期開存性に優れる内胸動脈を積極的に使用しており、特に若年者では動脈グラフトを多用するよう努めています。

 弁膜症疾患では、弁形成術や弁置換術を行っています。僧帽弁逸脱症では積極的に弁形成術を行い、弁置換術でも患者さんの病状に応じて抗凝固療法(ワーファリン)を必要としない生体弁と、耐久性に優れる機械弁を使い分けています。また、心房細動を合併している場合にはメイズ手術なども併施しています。

 大動脈疾患では、胸部や胸腹部、腹部の大動脈瘤、解離性大動脈瘤に対し人工血管置換術を行っています。特に弓部大動脈の手術では選択的脳灌流を積極的に使用することで脳合併症の軽減に努めています。また、病状に応じてステントグラフト内挿術を行い低侵襲化に努めています。2016年度のステントグラフト内挿術件数は胸部大動脈瘤9例、腹部大動脈瘤19例でした。

 その他にも、心房中隔欠損症、心臓粘液腫などの腫瘍に対する手術も行っています。

 末梢の動脈疾患については、循環器内科、放射線科と連携し病状に応じて手術や血管内治療を行っています。特に足趾の潰瘍や壊死を伴う重症虚血では形成外科とも連携して膝下や足関節領域までのバイパス手術を行い、救肢、創傷治癒に努めています。

 静脈疾患については、主に下肢静脈瘤に対するストリッピング手術を行っています。病状に応じて日帰り手術にも対応しています。血栓溶解療法の進歩に伴い頻度は減少していますが、深部静脈血栓症や肺塞栓症の手術も行っています。

 循環器疾患は緊急手術が必要となることも多く、迅速に行えるよう体制を整え、地域医療に貢献できるよう努力していきます。


臨床研究

患者さんへの説明・患者さん向け資料

スタッフ紹介

 
氏名 補職名 卒年 資格等
顔 邦男
(がん くにお)
副院長兼心臓血管外科総括部長
循環器センター副センター長
S58
  • 心臓血管外科専門医
  • 心臓血管外科修練指導者
  • 日本外科学会専門医
  • 日本脈管学会認定脈管専門医
森本 喜久
(もりもと よしひさ)
部長 H4
  • 心臓血管外科専門医      
  • 心臓血管外科修練指導者     
  • 日本循環器学会認定循環器専門医
  • 日本外科学会専門医・指導医
  • 日本心臓リハビリテーション学会心臓リハビリテーション指導士
山田 章貴
(やまだ あきとし)
部長
重症虚血肢センター副センター長
H10
  • 心臓血管外科専門医
  • 日本外科学会専門医
井澤 直人
(いざわ なおと)
主任医長 H17
  • 心臓血管外科専門医
  • 日本外科学会専門医     
  • 胸部ステントグラフト実施医
河野 敦則
(こうの あつのり)
医員 H24
  •  下肢静脈瘤に対する血管内焼灼術の実施基準による実施医
麻田 達郎
(あさだ たつろう)
嘱託医 S51
  • 心臓血管外科専門医
  • 日本外科学会専門医、指導医
  • 日本胸部外科学会指導医


北播磨総合医療センター アクセス お問い合わせ 0794-88-8800 〒675-1392
兵庫県小野市市場町926-250
ページトップへ