外来受付時間
詳しくは、外来診療日程表及び
休診・代診のご案内をご覧ください。
初診受付
8:30~11:30 (月~金)
再診受付
8:00~11:30 (月~金)
休診日
土・日・祝日・年末年始
※午後は予約のみの診療となります。
新型コロナウイルス感染症の
当院における対応について
病院機能評価
認定取得
県指定がん診療
連携拠点病院
輸血機能評価
認定制度
日本脳ドック学会
脳ドック認定施設
兵庫県三木市 兵庫県小野市

麻酔科 Anesthesiology

概要

 当科では、手術室での業務が中心となっています。全身麻酔の手術は定期・緊急を問わず全例を麻酔科が担当していますが、腰椎麻酔に関しては、リスクが高い症例、穿刺困難な症例あるいは依頼を受けた症例のみ担当しています。
 重症患者・術後患者のICU管理に関しては、可能な範囲で対応しています。(ICU当直:週3回)
 週に一度、午前中のみペインクリニック外来を行っています。

 

特色

  令和2年4月現在、常勤医は麻酔専門医1名、麻酔科認定医3名、専攻医1名、嘱託医1名の計6名で、神戸大学からの応援医師等、非常勤医師の助けを借りながら、毎日6~7名で切り盛りをしています。
 当院には、重症虚血肢、血液浄化、糖尿病、脳卒中・神経、循環器、消化器、リウマチ・膠原病と、7つのセンターがあり、それぞれが地域の中核的役割を担っています。 また、一般外科、整形外科、心臓血管外科、脳神経外科、呼吸器外科をはじめとする外科系診療科、および救急科が充実しています。
 それに伴い、行われている手術は多岐にわたり、他の同規模の病院と比較して、循環器系合併症症例の手術や透析患者の手術、時間外緊急手術の頻度が高いのが特徴と言えます。 定期手術だけで過密状態となっている上に、毎日のように、急性腹症、外傷、循環器救急、脳神経外科救急等の緊急手術があります。 その結果、年々全身麻酔手術件数が増加しています。
 必然的に、多くの合併症をもつ困難な症例の全身麻酔が多いため、深刻なマンパワー不足の中で、いかに安全に管理するかに主眼を置いています。 毎朝の症例カンファレンスで、問題のある症例について意見交換・情報共有しつつ、安全の確保に努めています。 術後、直接病棟に帰るのではなく、麻酔科医師の判断でICU・HCUに収容することもしばしばです。
 術後疼痛管理に関しては、硬膜外麻酔、エコーガイド下各種神経ブロック、PCA(patient controlled analgesia)などを組み合わせて行っています。特に腹部大動脈瘤手術では、前日に硬膜外カテーテルを留置して、良好な術後鎮痛を実現しています。
 多職種からなる呼吸サポートチーム(RST)にも関与しており、ICU・HCUにおいて、人工呼吸が長期にわたる症例などの回診・アドバイスなどを可能な範囲で積極的に行っています。
 しかし、常勤麻酔医の疲弊が問題となっており、毎週木曜の夜間および隔週の土日は、外部委託(麻酔医派遣業者)を活用せざるを得ないのが実情です。

 

専門外来紹介

外来診療日

 水曜日 午前  佐藤医師  ※完全予約制 

  ペインクリニック外来(神戸大学から派遣のペインクリニック専門医による診療)

 

臨床研究

患者さんへの説明・患者さん向け資料

『重症下肢虚血肢に対する坐骨神経ブロックカテーテル留置に関する研究』に対するご協力のお願い(令和4年3月1日承認)

 

スタッフ紹介

     

氏名 補職名 卒年 資格等
武士 昌裕
(たけし まさひろ)
外科診療部長兼麻酔科部長 1987
  • 日本麻酔科学会認定麻酔科認定医・専門医
  • 厚生労働省認定麻酔科標榜医
粟倉 英恵
(あわくら はなえ)
医長 2011
  • 日本麻酔科学会認定麻酔科専門医
  • 厚生労働省認定麻酔科標榜医
神岡 翼
(かみおか つばさ)
医長 2014
  • 日本麻酔科学会麻酔科認定医・専門医
  • 厚生労働省認定麻酔科標榜医
田中 真
(たなか まこと)
医長 2015
  • 日本麻酔科学会麻酔科認定医
  • 厚生労働省認定麻酔科標榜医
内橋 正雄
(うちはし まさお)
医員 2017
  • 厚生労働省認定麻酔科標榜医
秋山 智幹
(あきやま ともき)
医員 2017
  • 厚生労働省認定麻酔科標榜医
北村 参治
(きたむら さんじ)
嘱託医 1972
  • 日本麻酔科学会認定麻酔指導医、専門医
  • 厚生労働省認定麻酔科標榜医

北播磨総合医療センター アクセス お問い合わせ 0794-88-8800 〒675-1392
兵庫県小野市市場町926-250
ページトップへ