外来受付時間
詳しくは、外来診療日程表及び
休診・代診のご案内をご覧ください。
初診受付
8:30~11:30 (月~金)
再診受付
8:00~11:30 (月~金)
休診日
土・日・祝日・年末年始
※午後は予約のみの診療となります。
病院機能評価
認定取得
緩和ケア病棟における質向上の取り組みに関する認証制度 県指定がん診療
連携拠点病院
兵庫県三木市 兵庫県小野市

眼科 Ophthalmology

診療内容と特色

診療内容

 白内障・網膜硝子体疾患・外眼部疾患・視神経疾患・小児眼科(弱視・斜視)・光線力学療法(PDT)・涙道疾患など

特色

  1. 白内障の治療は、従来通り入院での手術(片眼:3~4日 両眼:1週間程度の入院)以外に、日帰り外来手術も行っております。
  2. 緑内障や網膜硝子体疾患(網膜剥離・黄斑円孔・硝子体出血など)に対する手術は、原則入院で治療を行っております。
  3. 加齢黄斑変性に対しては、病態に応じ、抗VEGF薬の硝子体注射だけでなく、光線力学療法(PDT)を行うことが可能です。
    抗VEGF薬:出血の原因となった血管の活動を抑える薬を眼内に0.05ml注射します。
    光線力学療法:光に反応するベルテポルフィリンという物質を点滴注射したのち、網膜中央のいたんだところに特殊な波長のレーザーを照射する治療です。
  4. 小児だけでなく成人の斜視に関しても、視能矯正(プリズム眼鏡処方など)や手術を行っております。複視(ものが二重に見える)などでお困りでしたら、一度外来を受診なさってください。
  5. 中途失明(ロービジョン)の方へ、適切な視覚的補装具を紹介することが可能です。
  6. 眼瞼のけいれんに対して、注射治療を行っております。
  7. 鼻涙管閉塞による流涙に対して、外来処置(チューブ挿入)や手術加療(涙嚢鼻腔吻合術)をすることが可能です。

特殊外来のご案内

  1. 弱視斜視外来:第1・第3金曜日 午後
  2. コンタクト外来 : 第2・第4金曜日 午後
  3. 角膜外来 : 第4水曜日 午後
  4. 黄斑外来 : 第3火曜日 午後

 ※いずれも予約制になっております。


臨床研究

患者さんへの説明・患者さん向け資料

スタッフ紹介

   
氏名 補職名 卒年 資格等
福田 昌秀
(ふくだ まさひで)
主任医長 H15
  • 日本眼科学会専門医
  • 眼科PDT認定医
松本 佳子
(まつもと よしこ)
医長 H21
  • 日本眼科学会専門医
中村 賢和
(なかむら やすかず)
医員 H25  


北播磨総合医療センター アクセス お問い合わせ 0794-88-8800 〒675-1392
兵庫県小野市市場町926-250
ページトップへ